フリーエンジニアからのスカウト対策

技術力が秀でているエンジニアは、開発現場で重要な役割を果たすことができます。実力を評価してもらうことができる立場であれば、報酬の交渉も有利に進めることは可能です。
能力次第で、高い報酬を仕事を通じて得ることができるというのは、フリーランスのエンジニアとして働く事の大きな魅力です。
フリーエンジニアとしてスカウトが訪れるまでになれば、実力は十分に高く評価されています。
さらにその上で、高い報酬を狙えるかどうかは、その後の交渉次第です。

業界の中で名声が高まれば、やがては企業からスカウトの話も舞い込んでくるため、交渉の準備を整えておくことは必要です。
しかし、フリーエンジニアの中には、開発の技術力については自信はあっても、仕事の交渉に関しては苦手としている人も多いです。
そこで、スカウトが訪れることに備えて、交渉のエージェントに話し合いの代行を依頼しておくのも方法です。

交渉のエージェントは、本人に変わって仕事の案件に関する交渉を行ってくれます。フリーエンジニアとしては、苦手とする交渉に煩わされる必要がないため、仕事にのみに対して専念できます。
確かにエージェントを雇うために報酬を支払う必要があるものの、トータルでそれ以上の利益を得られるのであれば、エージェントに交渉を任せる意味はあります。これまで交渉でうまくいかなかったフリーのエンジニアは、エージェントの起用を前向きに考えてみるのが良いかもしれません。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です